地域活性化枠(大学・大学院卒業(修了)予定者)

大学又は大学院を卒業(修了)後,鹿児島県内に居住及び就業し,一定の要件を満たした場合に,その方が日本学生支援機構等から借り受けた奨学金について,返還を支援する制度です。大学又は大学院在学中に申し込む必要があります。

募集期間

平成30年3月卒業(修了)予定者(29年度中の卒業(修了)予定者も含む。)
平成28年7月22日(金)~平成28年11月21日(月)

※平成29年度の募集から,大学3年生等を対象とした翌年度卒業(修了)予定者のみとなっています。

応募方法

財団へ郵送等により申し込んでください。

支援制度の概要

応募資格 次の①・②のいずれかに該当し,かつ,③から⑤までの全てに該当する者
①鹿児島県内の高等学校等を卒業した者
②鹿児島県外の高等学校等を卒業した者又は高等学校卒業程度認定試験合格者(県内に生活の本拠を有する者の子等で,県内の中学校を卒業した者に限る。)
③大学又は大学院に在学し,申請する年度の3月若しくは申請する年度の翌年度に,大学又は大学院を卒業(修了)予定の者
④日本学生支援機構第一種奨学金又は鹿児島県育英財団大学等奨学金の貸与を受けている者又は受けていた者
⑤大学又は大学院を卒業(修了)後,県内企業等に就業する意志があり,かつ,県内居住を希望する者
※高等学校等とは,高等学校,特別支援学校の高等部,高等専門学校,専修学校(高等課程)をいう。
支援対象金額 原則として,大学(学部)在学中に,日本学生支援機構等から借り受けた奨学金の全額
ただし,支援開始前に返還をした奨学金の額及び返還期限猶予をされた奨学金の額は,対象外とする。
支援要件 大学又は大学院を卒業(修了)後,6か月以内に,次の①・②の両方に該当し,その状況が継続している者
①鹿児島県の発展に寄与する産業分野に就業すること。(企業等に雇用される者は正規雇用であること。)
②鹿児島県内に居住すること。
支援方法 日本学生支援機構等から借り受けた奨学金について,返還した実績に応じた額を本人へ交付し,返還を支援する。

※詳細については,募集要項をご覧ください。

募集要項のダウンロ-ド
平成30年3月卒業(修了)予定者
(29年度中の卒業(修了)予定者も含む。)
Q&A
認定申請書
認定申請理由書
推薦書

※ 申込みに必要な様式は、各種様式のページに掲載しています。


情報公開資料はPDF資料になっています。ご覧になれない場合は,こちらから最新版のAdobe Reader をダウンロードしてください。